2007.04.07 Saturday 23:30

マイムの納骨

なんの前触れもなく逝ってしまったマイムは、小さな小さな骨となって我が家の和室に眠っていました。その遺骨を、去年モモを埋葬したのと同じイースターの日に、モモの隣に納骨をしようと決めていました。でも、明日のイースターは朝から教会だし、午後は私は役員会があり、夜は主人がオケの練習・・・・みんな忙しいからということで今日の午前中に決行しました。モモが眠っているすぐ隣に穴を掘り、ハンカチに包んだマイムの遺骨を土の中に置いて、土をそっとかけながら「バイバイ、マイム」とつぶやいた途端、それまで我慢していた涙が溢れてきました。マイムとの想い出が頭の中を駆け巡り、この腕に抱きしめたぬくもりが蘇ってきました。

続きを読む >>

2007.03.03 Saturday 22:58

マイムが骨になっちゃいました

午前中は塾のリスニング対策授業でしたが、午後からは家族3人でマイムを火葬するため藤野までドライブでした。

モモは滝野ペット霊園だったのですが、そこにたどり着くまでに雪道かつ急な坂で危うく事故に遭いそうだったのと、やっとの思いでたどり着いた火葬場も寒々しくてやりきれなかった記憶があり、今回は別のところを主人に探してもらったというわけです。結果的には正解でした。場所的には藤野の奥の方・・・と、家からはだいぶ遠いのですが、道は除雪が行き届いていたし、こじんまりとして家庭的な雰囲気で癒されました。

祭壇に乗せて最後のお参りをし、そこでサヨナラのツーショット。
最後のツーショット

続きを読む >>

2007.03.02 Friday 23:46

マイムが逝ってしまいました

1996年の母の日から飼っていた愛猫マイムが、午前11:20ごろ急死しました。昨夜は普通にご飯を食べ、元気そうにしていたのに・・・いったい何が起きたのか、夢を見ているような気分です。

私は明け方まで寝付けずウダウダしていたのですが、マイムの調子が悪くなったのも明け方の3時半頃だったようです。私は母から「マイムがおかしい」と7時20分にメールをもらって、わけのわからないまま階下へ。そのときすでにマイムの後ろ足は力が入らず、立ち上がれない状況でした。全身で荒く呼吸を続け、時々、切ない鳴き声をあげたり、寝たままで血便を出したり、鼻水や嘔吐する泡にも血が混じってきたり・・・。
苦しい

続きを読む >>

2006.09.28 Thursday 23:35

本日のマイム

しばらく彼女の話題に触れていなかったので、今日は我が家の猫「マイム」について書いてみようと思います。たまたま、3枚もかわいいショットが撮れたので、それを紹介しがてら・・・。

まず1枚目。昼間のけだるさ満点マイム。
マイム1

真っ白い右手がポイントですね。下に敷いているのは真っ赤なハート型のクッション。彼女のお気に入りです。
続きを読む >>

2006.03.06 Monday 23:20

マイムの冒険

この家に引っ越してくる前、我が家でモモ、別居していた母はマイムという雑種の猫をそれぞれ飼っていました。モモとマイムは、何度トライしても仲良くなれなかったので、引越先を決めるときの決め手となったのは完全に1階と2階がドアで仕切られる間取りでした。同居はしていても、この2年間、マイムが2階に自発的に上がってくることはなく、抱きかかえて無理やり連れてきても、下に降ろすとダッシュで階段を駆け下りていってしまっていたのでした。

しかし、今日のお昼頃・・・。
続きを読む >>

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.