2007.02.03 Saturday 08:01

対角線

まずは、昨日のお題「対角線」の答えから・・・。

diagonal line

※まずは、算数のお勉強(笑)。「対角線」とは?国語辞典には「多角形で、隣り合わない二つの頂点を結ぶ線分。また多面体で、同一平面上にない二つの頂点を結ぶ線分。」と書いてありました。なるほど・・・。

英語の方は・・・これはもう「対角線の」という意味の「diagonal」を覚えるしかなさそうです。これには、ヒントに書いたように「綾(あや)織の」という意味もあるので「diagonal cloth」で「綾織」となります。どんな織物?という方は<こちら>に写真とわかりやすい説明があるのでご覧下さい。


本日のお題は・・・・。

続きを読む >>

2007.02.02 Friday 08:36

それなら、自分でやれよ

まずは、昨日のお題「それなら、自分でやれよ」の答えから・・・。

Do it yourself, then.

※ヒントに書いた、ホームセンターで見かける「DIY」は「do-it-yourself」の略で「自分で作ること。日曜大工。」を指しますが、つまりは材料を買って帰って「自分でやれよ」ってことですよね(笑)。

「それでは、それから、そのとき」を意味する「then」は、「じゃぁ、また」を「See you, then.」、「そのころには不在だろう」を「He will be away then.」、「最初に歴史の試験があって次が英語です」を「The history exam is first, then the English test.」というふうに使います。

人にこうしてほしい、ああしてほしいと要求をしても、なかなかやってはくれないもの。だから、いつも最後は自分にこう言ってしまいます。「I'll do it myself, then.」

本日のお題は・・・・。

続きを読む >>

2007.02.01 Thursday 08:54

モヤシ/ゴボウ

まずは、昨日のお題「モヤシ/ゴボウ」の答えから・・・。

bean sprouts / burdock root

※「sprout」は「芽キャベツ(Brussels sprout)」「芽、新芽、若枝」「アルファルファの芽(▼食用)」「若者、子供」という意味で使います。お題とは関係ありませんが、「もやしっ子」は「a city-bred child lacking physical strength」(体力不足の都会っ子)と訳すようです。

「ゴボウ」は「burdock」だけでも「ゴボウ」を意味し、欧米では雑草扱いのため食用ではないとのこと。「ゴボウ」を詳しく調べてみると「キク科の大形二年草。ユーラシア原産。葉は卵心形で柄が長い。茎は高さ 1m以上になり、夏、頂に淡紫または白色の頭花をつける。根はまっすぐで細長く茶褐色で、食用。種子は漢方で消炎・解熱薬とする」・・・つまり、食べる部分は「根」であるため、お題では「burdock root」という解答になったのでしょう。

これまたお題とは無関係ですが、「ごぼう抜き」という慣用表現がありますよね。「多くの中から一つずつを勢いよく抜くこと。座り込みの人などを一人ずつ排除したり、人材を引き抜いたりする場合に用いる。また、競走などで、数人を一気に抜くことにもいう」。例えば「彼はゴール近くで4人をごぼう抜きにして先頭にたった」は辞書によると「He overtook four runners and took the lead near the finish line.」と訳していました。

「モヤシ」や「ゴボウ」という単語・・・英語で書かれたレシピやメニューを見たときに、役立つかな??

本日のお題は・・・・。

続きを読む >>

2007.01.31 Wednesday 08:31

あなたには黙秘権があります

まずは、昨日のお題「あなたには黙秘権があります」の答えから・・・。

You have the right to remain silent.

※「to remain」(黙ったままでいるための)が直前の名詞「the right」(権利)を修飾しています。名詞を修飾するのは形容詞の働きなので、「to+動詞の原形」つまり「不定詞」の形容詞用法である、ということがわかります。

この不定詞の形容詞用法を使った表現としては「nothing to do」(やるべきことが何もない)、「something to drink」(何か飲むもの)、「the book to read」(読むべき本)「place to visit」(訪れるべき場所)などがあります。

動詞「remain」の意味としては「依然として(…の状態)のままである、相変わらず(…の状態で)ある」「(ある場所に)とどまる、滞在する」などの意味があります。「stay」より改まった語で、書き言葉に多いようです。

「あなたには黙秘権があります」・・・なんて、言われるような場面って?!

本日のお題は・・・・。
続きを読む >>

2007.01.30 Tuesday 10:56

とんでもない!

まずは、昨日のお題「とんでもない!」の答えから・・・。

No way!

※「とんでもない」という日本語からは「思いがけない」「途方もない」「不快な,無礼な」というニュアンスを連想させますが、お題は依頼・申し出などに対する強い拒絶を表して「絶対イヤだ」「冗談じゃない」というセリフです。「way」を強く発音します。

「クリスマスに残業してくれますか」「とんでもない」
 「Will you work overtime on Christmas?」「No way!」

他にも場合によって、いろいろな表現ができるので、会話形式でみてみましょうか。

(1)「彼に助けを求めるですって?とんでもない!」
 「Ask him for help? Impossible!」

(2)「彼が学者ですって?とんでもない!」
 「Him a scholar? Don't be silly!(That's ridiculous!)」

(3)「彼が知らなかったって?とんでもない!」
 「He didn't know? Of course he did!」

(4)「お待たせ〜」「とんでもない!私も今来たところよ」
 「Sorry to have kept you waiting.」「Oh, not at all. I just got here myself.」
こんな使い分けがとっさにできるようになると、カッコいいですね・・・。

本日のお題は・・・・。

2007.01.29 Monday 08:37

玉石混淆

まずは、昨日のお題「玉石混淆」の答えから・・・。

the good mixed in with the bad

※まずは漢字の読み方から(笑)。「ぎょくせきこんこう」と読みます。「淆」の字が当用漢字にないため、現在「こんこう」は「混交」と書くようですね。あちこちサイトで調べると「玉、すなわち硬玉や軟玉が、石といりまじっていることから、良いものとわるいもの、すぐれたものと劣ったもの、人でいえば賢愚がいりまじり、いっしょくたになっていることを指している」という説明を見つけました。

英語も直訳すると「悪いものに混ぜ合わされた良いもの」とでもなるでしょうか。「the good」=「善人」、「the bad」=「悪人」という意味にもなるので、まさに「価値のあるもの(善人)とないもの(悪人)とが、入りまじっていること」ですね。

辞書によっては「a jumble of good and bad things」(jumble=よせ集め)だったり、「a mixture of chaff and grain」(chaff=もみがら、grain=穀物)だったり、他にもいろいろな表現ができるようですよ。文章でも「彼の作品は玉石混淆だ」は「His works are an uneven mixture of the brilliant and the mediocre.」(brilliant=立派な、見事な、mediocre=二流の)と訳しているものがありました。

燕さんがご自分のブログの、このお題にリンクした記事の中で「どれが宝玉たるものか、何が石に過ぎないのか、それは時代によって、ヒトによって見方考え方は違う」と書いていらっしゃいました。確かに、誰かにとってゴミに見えるようなものでも、違う誰かにとっては宝物のように大事なものということってありますよね。だから、私の部屋はいつまでたっても片付かないのであり・・・。え?違う?

本日のお題は・・・・。
  • - | - | - | - |

2007.01.28 Sunday 22:13

風邪をひいている

まずは、昨日のお題「風邪をひいている」の答えから・・・。

I have a cold.

※「風邪」は「cold」。「風邪」にもいろいろな種類があります。たとえば「せきのでる風邪」は「a chest cold」、「鼻のでる風邪」は「a head cold」といいます。あと、「夏風邪」はそのまま「a summer cold」。風邪の程度を表してみると「ひどい風邪」を「a bad cold」、「軽い風邪」を「a slight cold」、「しつこい風邪」を「a stubborn cold」となります。

「風邪をひく」は「catch a cold」、「風邪を引きかけている」は「be getting a cold」、「風邪をひいて熱がある」は「have a fever with a cold」となります。友達に「風邪はだいぶ良くなった?」と聞きたいときは「Is your cold much better now?」と聞いてみましょう。また「風邪をひかないように気をつけてね!」は「Take care not to catch a cold.」です。この場合「take care」のかわりに「be careful」を使ってもOK。

本日のお題は・・・・。
続きを読む >>

2007.01.27 Saturday 08:20

民営化

まずは、昨日のお題「民営化」の答えから・・・。

privatization

※辞典で調べてみると「民営化とは、国や地方公共団体が経営していた企業および特殊法人などが、一般民間企業になることをいう。多くの場合、商法上の会社となることを指す。一般には、公社・公団、現業事業などが特殊会社に移行することも「民営化」と呼ばれる。また、公営事業の全面的な民間委託も民営化ということがある。民営化の目的は効率化、サービスの向上、透明化、税金の納入による国民負担の軽減、債務の切り離し、労働組合の弱体化、天下りの防止などである」とのこと。具体的には「郵政民営化」が記憶に新しいところです。

前回のヒントに書いたように「私営(民間)の」を意味する形容詞は「private」で「この病院は民営です」を「This hospital is under private management.」と表現します。「民営化する」という動詞形が「privatize」でその名詞形が「privatization」。発音をカタカナで書くのは好きじゃないのですが、動詞を「プライヴァタイズ(ライのところが強い)」と読み、名詞は「プライヴァタイゼイション(ゼイのところが強い)」と読むことを受験生はぜひ覚えておいてください。

本日のお題は・・・・。

続きを読む >>

2007.01.26 Friday 07:12

おなら/口臭

まずは、昨日のお題「おなら/口臭」の答えから・・・。

gas / bad breath

※ちょうど一昨日、のだめの「おなら体操」ネタを書いたばかりでなんとタイムリーな・・・まずは「おなら」が「gas」というのは、日本語でも「ガスがたまる」などと言うので違和感なく理解できますよね。「おならをする」は「pass gas」または「break wind」ともいうそうです。訳してしまうと「ガスを放つ」または「空気を割る」(笑)。なんか変な感じです(〃∇〃)

「口臭」は医学用語で「halitosis」と言うようですが、普通に「臭い息」と置き換えて「bad breath」でOK。「彼は息が臭い」は「He has bad breath」となります。

なんか(; ̄y ̄)c●〜〜クサイ話ばかりで気持ち悪くなってきたので、もうやめます。

本日のお題は・・・・。

続きを読む >>

2007.01.25 Thursday 09:22

雀百まで踊り忘れず

まずは、昨日のお題「雀百まで踊り忘れず」の答えから・・・。

The Leopard cannot change its spot.

※英語の諺ですが「ヒョウは斑点の形を変えられない」と訳せますね。人間の性格は一生変わらないという意味でしょう。「悪人に生まれればいつまでたっても悪人だ」との意味の旧約聖書の次のような一節に由来するそうです。

Can the Ethiopean change his skin, or the leopard his spots? Then may ye also do good, that are accustomed to do evil.(エチオピア人はその皮膚を変えることができようか。ヒョウならばその斑点を変えることができるだろうか。もしそれができるならば悪に慣れたあなた方も善を行うことができる。)

日本のことわざでは「三つ子の魂百まで」がポピュラーですよね。英語になおすと「What a three-year-old child has learned stays with him for a hundred years.」となります。辞書によっては「 What is learned in the cradle is carried to the grave.」(ゆりかごで覚えたことは墓場まで携えられる)と英訳していました。

お題は「雀百まで・・・」なのに、どこにも「sparrow」が登場しないのが寂しいですね・・・。


本日のお題は・・・・。
続きを読む >>

<<new | 1 / 4pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.