2007.03.19 Monday 23:50

この筋肉痛はWiiのせい?!

ウィンケル
貸切コテージ「ウィンケル」を会場にした塾の追いコンが終わりました。コテージの座卓を囲んでずらりと座った15名の仲間たちは、まるで一つの家族のようにそこに存在していました。アバラッキーTがお父さんで、燕くんが親戚のお兄ちゃんで・・・・などと、帰りの車の中、マナとジェシカと話しながら、楽しかった時間を振り返っていました。

私とマナで企画し、台本を作って上演したのは「かぐや姫」のパロディでした。竹から生まれたやわらか戦車・世にも美しく育った主役・かぐや姫に燕くん(♂)、年上おばあさんの尻に敷かれているおじいさんにピロ(♂)、敷いてるおばあさんにまろろん(♀)、そして、かぐや姫に求婚し、かぐや姫からの無理難題にチャレンジする小人7人。

小人その1は、かぼ(♀)。無理難題は「ヨサコイ、踊ってほしいなぁ〜」。かなり恥ずかしがってはいましたが、みんなの手拍子でかっこよく振りを披露してくれました。えらい、えらい!

小人その2は、ケイ(♀)。無理難題は「上手なピアノが聴きたいなぁ〜」。うちから持っていったキーボードで「タイタニックのテーマ」を弾くと、主賓のEZO氏、ジェシカが映画の有名な船首でのシーンを再現(笑)。ちょっとこの二人に場をさらわれた感もあったけど、上手だったよ!

小人その3は、ハッスル(♀)。無理難題は「一気飲みがみたいなぁ〜」。酒豪のレッテルを貼られている彼女はまだまだ塾講の中では新人で、我々には未知数でしたが、この寸劇では彼女のポテンシャルを存分に垣間見ることができ、今後「使える女」としてのリストに堂々と加えられました。素晴らしい飲みっぷりだったよ!

小人その4とその5には、ジュンキィ(♂)と工場長(♂)。二人への無理難題は「教室長とのトリオでコントが見たいなぁ〜」。突然の飛び入りを要請された教室長(♂)と3人で、塾ネタのコントをしてもらいました。残念ながら工場長は隣のコテージで眠ってしまっていたため、ルパンが代役。大筋で流れは作っておいたものの、途中からはまったくのアドリブでがんばってもらいました。意外にも度胸のあるジュンキィを発見できて、彼もまた「使える男リスト」へ。

小人その6は、さっき工場長の代役をつとめたルパン(♂)。無理難題は「私が喜ぶことをして〜」。そう、内容はルパン任せ。しばし考えてすぐにコント風に登場。缶チューハイの宣伝を中尾彬や井上陽水や下条アトム(?)のモノマネでやってみせてくれました。似てるか似てないかは別として、そのノリには感謝しています。

いよいよ最後の小人その7。役者は、アバラッキー(♂)。無理難題は「お嬢様抱っこ、してほしい〜な〜」。肋骨を負傷しているために「アバラッキー」と呼ばれることになってしまったとは知りつつも、この図を絶対に実現したかった私とマナ(笑)。さらに、台本には書いていないシナリオが、マナの持つカンペにより進行します。

「かぐや姫『(*ё_ё*)きゅん・・・わたし、この人が良い』」

「小人7『甘い言葉を言って下さい』」

「熱いキスをしてください」

二人の熱演で、場は最高潮に盛り上がりました。みんな、写真を撮りまくり、囃し立て、お腹を抱えて笑いました。筋書きを用意しておきながら、ここまでみんなが一生懸命やってくれるとは半信半疑で、誰かが恥ずかしさから自分に負けてしまったらそこで流れが止まってしまうため、ドキドキしながらの進行でした。

最後に「瀬戸の花嫁」の替え歌「EZOの花嫁」をみんなで歌って寸劇の幕を閉じ、続いて追い出されるEZO氏、ジェシカへのプレゼント贈呈式です。プレゼントはジェシカに「ガチャピン」、EZO氏に「ピカチュー」の着ぐるみと、色違いのハートのクッション。
ピカチューだぞぉ
(写真は、私が「ピカチュー」を着てみたところ(笑))

そして、講師、スタッフから集めた直筆のメッセージと写真を貼ったカレンダー。これは、マナがぜんぶ一人で考え、当日までかかって作りました。寸劇の前段でカボ&ケイの誕生祝もしたのですが、そのときのプレゼントも、手作りのバースデー・カードをマナが作ってくれました。メッセージを書いてくれた皆さんと、数日間、夜も寝ないで(朝は寝てたけど)作業してくれたマナに感謝です。

宴会は、集合写真を撮った後も続きました。私はマナと早めに布団に入りましたが、Wiiでボーリングをしている音と、そのゲームに熱中するルパンの声、王子談義をしているまろろんとジェシカの声、そのうち後片付けをしてくれている物音などを聞きながら眠ったり起きたりを繰り返していたようです。今朝は6時に目が覚めて7時まで待ってマナを起こし、ふたりで朝食を用意しました。昨夜の鍋が残っていたので、ご飯をいれて雑炊に。それとキャベツとツナ缶で野菜サラダというメニューです。

朝食後、コテージ内の片付けをし、荷物の整理をして帰札組とドライブして帰る組に分かれました。私は夜に塾の授業がないことを確認してドライブ組に。小樽での自由時間にマナと北一ガラス、オルゴール館をぐるりと回って大満足。その後、余市で昼食。
いかめし
私が食べたのは、手に持っている「いかめし」とカニサラダ。おいしかったー。隣はマナとジェシカ。

昼食後に教室長が、Dコマからの授業に出てもらえないかと言うので、結局調整ができなくて困っているのだろうと思って引き受けました。余市でニセコ組と分かれてマナとジェシカを乗せて札幌に戻り、二人をそれぞれの家に送り届け、自分の家にたどり着いたのがすでに5時をまわっていました。朝の時点か、せめて小樽で言ってくれれば、もっと長い時間、休めたのに・・・・というのは言い訳に過ぎませんが、この短い仮眠のために大失敗をしてしまったのです。

Dコマは7:40から授業が始まるというのに、目が覚めたのが7:42!!しばらく事態を飲み込めずに動けない状態でしたが、すぐに「やっぱり無理・・・・」と呟きながら塾へ急ぎました。授業には15分の遅刻。高校生2人と中3生1人を待たせてしまいました。ごめん!!

さて。

タイトルに書いたように、私はいま筋肉痛と闘っています。両足の太ももが信じられないくらい痛いです。原因を探ってみると、どうもコテージで遊んだWii(テニスとボーリング)しか思い当たりません。仮想空間とはいえ、その面白さにハマって本気で欲しくなりました。いや、欲しいとかではなくて、そんなゲームごときに筋肉痛を起こすまで没頭できる自分がかなりアホだなと(笑)。

とにかく書ききれないくらいいろんなことをした2日間でした。楽しい思い出がたくさんできました。自分では写真を一切撮らなかったので、誰かからデータをもらったらアップしようと思います(3/20アップ済み)。

こんなステキな想い出をくれた塾の仲間たちに「ありがとう」を捧げます。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
富良野スキー場も大好きです / 北海道、札幌からの旅情報
2007/03/21 7:44 PM
富良野スキー場は、札幌から高速の道央道を通り、国道38号経由で平均2時間半の距離があります。富良野スキー場は、実は私が一番好きなスキー場であります。でも、少し札幌からの距離があるため1年に何回も行けないのが残念です。ここも、スキーのコースはたくさんあ
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.